特許法とは

特許法とは、発明をした人に対して、特許権を与えるためにさまざまな規定を設けたものですが、これは、権利の付与だけでなく、それを公開することによって産業発展を目的としたものです。発明が特許として認められることによって、その権利は販売を独占することができる財産ともなります。

そのことから、特許法では、その権利が侵害されないように保護しているのです。このようなことから特許法とは、発明者の権利の保護と、公開による産業発展の貢献を実施する法律なのです。日本では専売特許条例をはじめとして、特許制度が整備されてきました。

最近の特許改正では、ライセンス契約の関した保護やユーザーの利便性を向上させることなど、負担の軽減やと手続きに関する迅速化、効率化が行われているという特徴がみられるようになり、特許法はより利用しやすい制度に改正されるようになっていることがわかります。

具体的な特許法の規定

特許法は、開発した発明を特許として保護してもらうことによる、「物の発明」と「方法の発明」を使用することにおいて、独占権を持つことができようになります。特許法は、その権利を保護することや出願手続きの詳細を規定するものとなっています。

特許法では、特許出願の関することから審査、特許公開、特許権について、特許の効力、権利侵害に関すること審判、罰則という内容になっています。また、特許として受ける権利のある発明を規定し、特許として権利を受けることができないことを規定しています。これらは、特許として審査の定義を明確にするものなっているのです。

さらに、発明においては、職場で発明されるここの職場の発明についても規定していますので、特許権の譲渡などが、近年の職務発明による対価請求事件に大きな影響を与えるものとなっています。

このように、発明は、特許によって保護されることによって権利が守られるようになり、第3者に対抗することができるようになるのですが、これが特許法に定めた方法によって得られることを知っておかなくてはならないのです。そして特許法が定める特許公開は、産業発展に寄与する役割を果たすものとなるのです。