意匠法とは

意匠権を保護する法律は意匠権ですが、これは一般にデザインのことをいいます。意匠権は産業財産権の一つです。この法律では、工業上、用いる物品の形状、模様や色彩などの形態で処理されたものを、視覚を通じて生じる美感の保護などの利用を図ることで、意匠の創作を奨励すること目的としている法律です。法で意匠を保護することによって、産業の発展に貢献するものとしています。

意匠権の保護と力

意匠権に保護されるものは、デザインなどとなりますので、工業製品である自動車や家電製品などが保護の対象となります。これらのデザインは、メーカーによる他社への差別化を行なうものとなります。

デザインなどに意匠を法によって保護することは、産業の発展を貢献するだけでなく、権利の所有を明確にすることにより、経済活動を円滑にする役割をもつようになるのです。そこで、法によって権

利が保護されるということは、非常に重要はものとなるのです。

意匠法は、視覚で認識できる美観を保護しています。ファッションなどの流行性を保護することになりますので、衣類などにおいては、大きな意味をもつようになるのです。いまデザインは、特許と並ぶほどの権利侵害トラブルが多き分野とされ、時には、意匠権は国際的な問題に発展しているということを見ることができるのです。

たとえば、アップル社の製品に関する訴訟は世界中で起こされているのですが、これが、技術面の侵害訴訟だけでなく、意匠権をめぐって争われることをとみてきました。意匠権においては、どうしても物の形態を保護するものが多くあります。そのことから、特許として登録された発明に大きな関係をもつことになります。

最近、日本では、意匠法では、意匠の侵害を規定することから、不正競争防止法によって、模倣製品を排除することに力を入れるようになっています。これを行なうことによって、市場競争力を低下させることや正規品よりも安く販売しる製品、品質の悪い商品が出回ることを阻止しようとします。これで、正規品は、定めた価格で安心して製造・販売することができるようになります。

このように、意匠法では権利侵害に対抗するために、特に国際的な競争力を持つ商品にいては登録する必要があることを覚えておく必要があるのです。