商標法とは

文字や図形、記号、立体的形状についている標識が、商品やサービスにおいて誰のものであるのか、その出所を明確にして他社製品と区別できるようにしなければなりません。そのために、商標法は、これらを保護する法律ということになるのですが、基本的に他の製品に類似性がなく、識別性ができるのであるなら、商品、サービスにつける商標は、登録されるようになります。

商標法は、需要者の利益の保護と産業の発展に寄与できるものになることを目的とした法律となっています。法で保護された商標は、特定の者において独占的に使用権が与えられることになるのです。

商標法の権利と力

商標とは、商品の知名度が増すほど、ブランド力をもつようになります。その商品によってブランド力をもつようになると、異なる商品でも自社の商品であるなら、信頼されることによって需要者に選ばれるようになります。これは、商標が商品として他の商品との識別力をもつという役割を果たしているのです。

商品は、自社製品であることを明確なものとするために、識別力をもつことで、商標登録されるようになります。特許庁には、商標に関して審査基準というものがあるようで、担当者はこの基準をもとに登録を認めたり、拒否したりしています。

商標の登録では、商品やサービスが他の商品に対して識別性をもつと、すでに同様のものが登録されていなければ、登録においては問題を生じることはありません。

ただし、登録では注意しなければならないことがあります。商品やサービスの商標登録では、登録が拒否される例があります。たえとば、「チョコレート」というような普通名詞は、商標として登録することはできません。さらに、固有名詞であったものが広く知れ渡り、普通名詞化したものは登録することはできませんので、登録できないことに注意しなければならないのです。

登録しようとする名称が同じでも指定商品や指定サービスが異なると他社によって登録されることがあります。例えば、ソニーチョコレート事件のような例がありますので、このような使用について注意しなければならないとされているのです。