不当競争防止法とは

不正競争防止法は、経済発展のために経済産業省が所管としています。不正競争防止法では、ライバル会社の技術を取得するなどの不正な行為が行われることにより、市場において健全な競争が失われ、経済発展に影響することを避けようとした法律です。

さらに、類似品や粗悪な偽物商品が市場に出回ることを防ぐ必要があることから、不正な競争をやめさせることを目的としています。この法律によって、消費者も商品を安心して購入することができるようになるということが現れるようになるのです。この法律により、不正競争の防止や不正競争に係る損害賠償措置などを講じることができるようになっているのです。

知的所有権と不正競争防止法

不正競争防止法は、公正な競争が行われるために、不正競争の防止を目的として設けられたものです。不正競争防止法は、知的財産とも関係が深く、たとえば、商標権や意匠権などでは守れない部分をカバーすることができるという特徴をもっています。

そのことから、不正競争防止法が保護できる対象は、知的所有権よりも広い範囲に対応できる法律といってもよいでしょう。この機能を活用するならば、商標法や意匠法によって権利の侵害に対して不正競争行為として保護できないものに対抗することができるようになるのです。

このように、不正競争防止法は、広い権利をもつことから、知的財産に関する訴訟のうち、4分の1がこの不正競争防止法によって行われているということを特徴としています。

しかし、不正競争防止法によって、訴訟を行なっても、不正競争に係る訴訟では、不正競争行為の形態の認定で一定の要件を必要としていることから、不正競争行為と認められず、その請求が成り立たないことが多くあり、請求が棄却される確率が高いものとされています。

このようなことから、やはり、不正競争防止法ではなく、意匠法などによって類似性を明確なものとしたほうがよいということがわかるのです。

なお、不正競争防止法にかかわる事件としては、アップルコンピュータのパソコンとソーテックパソコンの類似事件がありました。それらは混同のおそれがあることから、商品の製造、販売等の差止めを求める申立ては代表例とされているのです。