知的財産高等裁判所とは

知的財産高等裁判所は日本の裁判所の一つです。ここでは、知的裁判にかかわる事件について扱っています。知的財産高等裁判所は、知的財産だけ扱うところで、この分野だけ設置されていることが特徴的なものといってもよいでしょう。それだけ、知的財産を扱う事件が多くなっているということを示すものとなっているのです。

知的財産高等裁判所は、このような知的財産に関する事件を多く扱い、知的財産高等裁判所では、多くの知的財産権をめぐる訴訟を行なっています。技術や意匠を問題とする訴訟が多く、それが、国際的な影響を与える判決であったりします。また、最近では、商標権をめぐった裁判が多くなっていることを特徴としているそうです。

さらに、知的財産高等裁判所が開設されてからは、職場における発明を扱うようにもなり、特許対価訴訟が行われるようになっているという特徴をもっています。

具体的な訴訟について

たとえば、最近では、職務発明による問題がよく上げられています。発明をめぐって、会社で発明した技術が特許として権利をもつことがあります。この特許が利益を得たときは、会社の勤める発明者が、会社に対して発明の対価を求めるようになるのです。このように発明者が会社に対して、特許による利益に見合った対価不足分を要求することが目立つようになっています。

そして、職務発明による対価請求金額においては、その金額の大きさに特徴がみられるようになっています。巨額な対価請求が多く見られ、最近では、マスコミでも話題となっていますが、これは、

知的財産権をめぐる裁判が国際的になっていることから、金額も多くなっているということがわかります。

請求に対する判決についても、それに応じるかのように多額の賠償金を命じるようになっています。これは、特許の価値が評価されるだけでなく、社会的な影響を与えるものとなっていることが評価されていることがわかります。また以前よりも、職務発明による発明者の保護が行われているということが感じられるものとなっています。

これは裁判の一例ですが、知的財産高等裁判所が開設されてからは、ブランド品の偽物など、知的財産の問題が身近なものとなっていることに注意しなければならないでしょう。その賠償も大きく、刑事責任が生じることもあるのです。