知的財産訴訟について

年々、日本でも知的財産にかかわる裁判が増えています。裁判になる事件としては、技術の侵害であったり、商品の模倣、偽物ブランド商品が出回るとことによって起こされる訴訟が多くなっているという特徴がみられます。また、知的財産訴訟においては、職場における発明に関した訴訟が増えていることも特徴としています。

中でも企業内でも高度な発明をする人が増えています。そのことから、特許対価に不満をもって、特許による収益に見合った対価要求を行なうことが目立つようになっています。このように近年、発明などに対する財産価値の評価が高まりつつあることがわかります。

知的財産権においては、特許、デザイン、商標など、さまざまな裁判が行われるようになっていますが、これらの裁判は、通常の裁判所で行うことはなく、知的財産高等裁判所処置法によって設立された知的財産高等裁判所で行われることになっています。知的財産にかかわる訴訟では、他の事件とは違って、専門の裁判所を設けるほどの特異性をもつものとなっているのです。

具体的な訴訟例

知的財産をめぐる訴訟では、不正競争防止法による訴訟が4分の1を占めるといわれていますが、訴訟において類似性などを明確にするために、特許法、意匠法、商標法などによって、明確な類似性をもって訴訟を行なうことがよいということになるでしょう。

知的裁判では、特許法や意匠法などの特定の法律を適用して訴訟を起こす場合のほうが多くなる傾向があります。そのことから、特許法や実用新案法、意匠法、商標法では、訴訟において明確な判決が下る内容のものが多く見られます。

この点において、特許法などは、たとえば不正競争防止法においては明確な判決が下ることがなくても、これが法の性質によるものであることから得られるものとなっているのです。

不正競争防止法は、特許法や意匠法、商標法などをカバーできる法律です。そこで、不正競争防止法によって訴訟を起こすことが容易であるため、よく活用されるようになるのです。商標権を取得しなくても、著名商標であることを判断されるのであるなら、不正競争防止法により他人の模倣を禁止できることもあります。しかし、範囲を広く適用することができるということは、裁判においては、うまく判決がでないものとなることがあるのです。はっきりとした結論がでないことについて理解しておくことが必要となるのです。