知的財産を扱う専門職

発明やデザイン、ロゴマークなどを守るためには、特許庁に申請して、特許や実用新案、意匠、商標による登録を受けなければなりません。しかし、これらの知的所有権という財産として保護されるために行う作業は、非常に大変なものです。そのことから専門家のアドバイスが必要とされています。

特許などの知的所有権の申請においては弁理士という専門家が活躍しています。発明においては高度な技術を審査してもらう必要があることから、申請から登録まで、弁理士によってサポートしてもらう必要があるとされています。弁理士を活用すると、各申請がスムーズとなり、登録もしやすくできるというメリットがあるのです。

そのことから、自分で行うよりも申請においては、弁理士によって行ったほうがよいとされています。弁理士は、弁護士や税理士のような専門化として役立つ存在とされているのです。

弁理士の必要性

知的財産権を認められるために、特許や意匠、商標の申請においては、すべてがスムーズに登録されるというわけではありません。特に特許の申請では、審査に時間がかかり、最悪の場合には拒絶査定となることもあります。

また最近では、知的財産をめぐる裁判も多くなっています。知的財産を持たなくても自己が販売する商品について他社から類似として警告を受けたり、使用差し止めを要求されるといったことがあります。このようなことが起きた場合には、権利者や利用者でも対応できないものがあります。もし訴訟となった場合は、単独で問題を解決することは困難なものでしょう。

訴訟に関して法知識や実務に詳しくなければならないとしています。そこで、専門家である弁理士に行なってもらうことがよく、そのほうが訴訟の難を逃れたり、大きな賠償を得るようなこともなくなるのです。最近の特許裁判や商標をめぐる裁判では、巨額な賠償金の請求が多くなっているという特徴があります。このような事態を避けるためにも弁理士を活用して被害を軽減することも必要となっています。知的財産の申請から訴訟まで、弁理士が必要とされているのです。