知的財産の保護について

特許や実用新案、意匠、商標などの知的財産は保護されなければ、他人から侵害されるようになります。自己が開発した製品や技術、デザインが真似されるようになるのです。これでは、発明のために費やしてきた努力と開発費が無駄になってしまうということになるからです。

そのことから、技術や商標などを守るために発明や自社製品を識別できるように、特許庁に申請することによって保護することになります。そして、これが特許権、実用新案権、意匠権、商標権として、独占と排他的な協力をもつようになるのです。

しかし、登録では、十分な調査を行ない、登録の条件を備えていないと認められません。また、特許の場合では、すべてが審査に通過するというわけではないことに注意しなければならないでしょう。これらの知的所有権は、財産としての価値を持つようになり、法によって保護されるようになるのです。

登録だけでは知的財産は守れない

発明などは特許庁に登録されることによって、特許法のもとに保護されるようになります。もし権利が侵害されたときには、対抗できるもとなるのですが、これは形式上保護されたにすぎなく、実際の侵害については、自己で発見しなければならないとしています。そのことから、知的財産とは、登録されて安心というわけではないのです。

登録されて権利を得たならば、そのあとは自分自身で類似品が存在し、権利を侵害していないかきめ細かくチェックしていくことが必要とされているのです。それをしないと、粗悪な類似品が市場に出回ってしまうことになり、自社製品の信頼を大過させるだけでなく、売上を激減させるということにもなるのです。これでは、せっかくの発明や技術であっても守ることができないので、常に調査が必要とされているのです。

権利を侵害しているような商品を見つけた場合には、すぐに、商品の販売を中止させる警告を行い、そして、売上などを参考にして損害賠償請求を行うことになります。これを放置すると被害が大きくなってしまいますので、しっかりと行うべきとされているのです。