知的財産の範囲について

知的財産は財産の一つとして扱われるようになっています。そして、この知的財産とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物、また人間の創造的活動により生み出されたものなどのことで、これらは無形財産とよんでいます。そこで、知的財産とは、このようなものを範囲としているのですが、知的創造物に関する権利、営業標識に関する権利、ビジネスに有用な情報に関する権利のことを指していうことになるのです。知的財産の範囲は非常に広いものであることを理解しておく必要があるでしょう。

保護されている権利

知的財産権には、法によって明確に保護されるものがあります。技術的アイデアである発明を保護する権利は特許権で、小発明を保護するための権利は実用新案権で保護されることになります。実用新案では、物理的なものや構造などが保護対象となります。また、保護しなければならない権利には意匠権があり、これは物品の外観デザインや工業デザインなどを保護する重要な権利となっています。

さらに、最近では芸術的なコンテンツ、プログラムを保護する必要がありますが、これらを保護する権利は、音楽、絵画、映画、小説などを保護する著作権と呼ばれるもので、著作法によって保護されるようになるのです。

法によって保護されるものは他にもあり、ICチップのレイアウトを保護する回路配置利用権や植物の品種などを保護する育成者権があります。知的所有権はこれだけではありません。ビジネスを行なう時に重要となる営業標識や商品やサービスの提供の際に使用される名称やロゴマークは、商標権によって保護されることになります。

特にブランド性の高い製品は、この商標権によって保護されるようになるのです。マネされやすい商品は、保護する必要がありますので、たとえば、コカコーラやiPhoneといった名称ブランド商品として世界中で知られているものですが、そのことから、日本だけでなく、世界で商標権が登録されるようになっています。このように知的財産は、人間の創造物を対象として、広い権利を保護するものです。そして、その権利を持つものは、使用を独占していますので、権利を侵害する行為は許されないものとされているのです。